写真集 フォトブックの違いを解説

作品集・写真集にぴったりのフォトブック&写真アルバムです
花・山・空などの自然写真、イラスト作品からポートレート撮影まであらゆる仕事、趣味で集めたものを作品集に仕上げましょう。写真集にすることで更にグレードが上がります。
各メーカーが個性を発揮し特徴を出しています

※画像クリックで公式サイトへ

フジフォトアルバム銀塩写真にこだわった写真アルバムです。銀塩写真とは粒状性やグラデーションにこだわった「美しく仕上げる」プリント方式です。またフォトアルバムの編集方法として特筆できる「見開き2ページ同時印刷」のため、A3程度の大きい写真を2ページにまたぐ形で掲載しても「つなぎ目」なく綺麗に印刷できます。そして2ページを『平』に開ける特徴があります。詳細
マイブック早くからパソコンを使ったフォトブック作りを行っている老舗的メーカーのアスカネットです。既に筆者も数冊注文しています。デザイン自由度が非常に高いと言えます。それとは逆にパソコンが苦手な方のために『超簡単編集』が用意されています。写真をアップロードし「編集ボタン」を一度クリックするだけで完成させることも可能です。
(こだわり編集はマイブックDX
詳細
しまうまフォトブック安くて、カジュアルなフォトブックです。A5サイズ:32ページ1,800円→は900円(キャンペーン中) 96ページ2,800円→1,400円(キャンペーン中)です。最低800円からできるフォトブックです。専用ソフトの操作は簡単です。仕上がりは「最短当日発送」との激速です。完全自動編集もあります。デザイン的な拘束はありますが安さで選ぶなら「しまうま」です。詳細
アスカネット オートアルバム特に整理する写真が多い場合に最適な写真アルバムです。
1ページに16枚、トータル1,280枚もの写真を一気にインデックス化して掲載できる特徴を持ちます。もちろん1ページに1枚の写真を割り当てることも可能です。表紙はシンプルなブラック、ホワイトからデザイン物まで取り揃えています。サイズはA5縦サイズ、A4横サイズとユーザビリティーに配慮しています。
詳細
ビスタプリントVista printこそが格安、激安といえます。背表紙がリングになっているタイプの写真アルバムです。大量生産向きでコストパフォーマンスにたけています。しかしテンプレートも用意されているのでデザインに困ることはありません。オリジナル性は低いので個性的に演出することは出来ませんが、何冊もオーダーする場合は良いかもしれません。。詳細